読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明けは水色と黄色のグラデーション

普通の大学生が文房具など思ったことを書いています。

グランセ2012年限定 オンシジューム

大学卒業記念に念願の万年筆(グランセ2012年限定オンシジューム)を購入しました。

f:id:yuhizu12maca07warit:20170325005711j:image

もともと黄色好きというのもありますが、この万年筆はあるブログをきっかけに知り2年前から喉から手が出るほど欲していました。

ですが、難点がいくつかありました。

  • 2012年の限定であること
  • 近年のブームで色軸が売れてること
  • 筆者が住んでる横浜駅周辺は気持ち良く万年筆を購入できる店舗が少なく、品揃えも期待できない

 もう上記2つで諦めますよね(^_^;)東京でも見つからず、ネットでも新品は見つからず。

山中やキャップレス海外限定に目星をつけ、オンシジュームの存在は消えてました。

 

 え、いつからいたの?

先日、伊東屋で取寄せたペンを購入した後、毎月通ってる地下街の万年筆売場で今年限定のグランセを買おうとショーケースを見たところ‥先月は並んでなかった黄色の軸がすんなりといる!お前いつからいたんだ!!と衝撃を受けたよね、店員さんに聞いても前から在庫があったらしく。

f:id:yuhizu12maca07warit:20170325011449j:image

↑『趣味文』の歴代グランセのページを広げてもらい確認する筆者の図

 

灯台下暗しとはこのことだな、と実感。物が出てなくても店員さんに聞こうと思いました。

トラベラーズノートの限定とか意外とあったり、発売日直後はなくても何ヶ月か経ってから限定がポーンと来る地域だったりする)

細字を選び、ガリガリだったペン先は変えてもらいました。特典でパイロット万年筆お手入れキットも貰いました。接客対応など、このような地元の店での売ろうという気の使い方が筆者は好きです。

f:id:yuhizu12maca07warit:20170325012357j:image

オンシジュームと譲って頂いた2011年の藤

f:id:yuhizu12maca07warit:20170325103953j:image

↑少しペン先比較。左はオンシジューム・細字、右は藤・中字。