読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明けは水色と黄色のグラデーション

普通の大学生が文房具など思ったことを書いています。

2014年早々に…

久しぶりの更新!

気づいたら大学1年が終わってしまった。

大学に入学する前は勉学に励むぞー!なーんて思ってたのに実際はサークルに振り回されてた。

 

ってなんだこれ。

サークルに振り回されたおかげで授業は寝てしまい、たぶんスペイン語は来年度もお世話になるのだろう…

何これ??

せっかく奨学金まで借りてこんなんじゃ危ないとアドバイザーの先生にも言われる。

学内でも厳しいと有名なサークルなだけに辞めづらい。

それで、12月の発表会で負担が少ない違う部門に移動しようとしたら断られる。

せめて憧れの先輩が引退する6月まで続けようと奮起するも、15日に訳あって辞めた。

 

辞めるまでの経緯↓

昨年の夏の合宿の時から私はこのサークルに向いていないんじゃないかと薄々感じていた。

合宿は班に分かれて発表するため、作業は1人になってしまう。

私が担当した班は某ゲームに出てくる物体を作ることになったが、実在しないものを作ることに対して思考停止してしまった私は発表二週間前になっても手をつけていなかった。

作り方は考えたものの、時間が限られていたので先輩にほとんど作ってもらった。

これがそれ以降の作業(サークル)へのトラウマになってしまった!

9月には他団体の手伝いもあったが、暫く工具は触りたくなった思いになったので参加しなかった。それは同期たちとの技術差を更に広げることに…

12月の発表は他の人より技術的に下手なこともあって大した作業はしなかったが、雑貨類の収集はちゃんとやり遂げた。それは憧れの先輩から貰った手紙でほめられていたなぁ。収集が早くて質が高かったって。

…それでも作業することに対して精神的につらかった。

授業後に作業場に向かう足取りが重い。あ~、今日も作業かよ、やってらんね~よ!!友人に毎日愚痴ってた。彼女たちには申し訳ないことしちゃってたな。

でも、それくらいしないと精神的にもたなかった。

 

発表終わって、部門変えることを新しい部長に言った。

が、奴は認めなかった。仕方なく大工のまま。

新しく部長になった同期男子とはずっと仲が悪かった。

他の子が間違えても指摘しないくせに、私がやらかすとうるさくなる。

私が落ち込むと急に親切な人間になり、後になって手のひらを返したかのように批判してくる。

 

2月から3月の発表に向けた準備が始まった。

しかし、私は作業へのトラウマと苦手な人間と作業することが嫌になって何日か休んだりした。雪の日も作業があったらしいが、両親の反対と交通機関がなくなったおかげで休んだ。てか、雪の日も屋外でやるとか同期のやつらアホだろ!!

同期の中に私と同じく休む人もいた。そいつは小物集めますぅとか言って一週間以上いなかった。おそらく先輩がいたら怒られていただろう(12月の時点で怒られていたが)。

 

2月15日。

14日は記録的大雪となった。坂が多い地元でもたくさん積もり、かえって危なかった。家があるのは山のてっぺんだし。首都圏の交通機関の中でも弱い路線だから両親は帰れる保障がないならサークルにいくのはやめろと言った。

しかし、その日は必ず出席しなくてはいけない集会があった。私は交通機関が麻痺して行けない旨をメールで送っても部長は認めない。親は呆れ、「サークルごときでくだらないわよ!もし何かあったらどうしてくれるのよ!あんた行ったら来年の学費払わないからね!!」

確かにたかがサークルで何かに巻き込まれるのは嫌だったから再び休むとメール。

奴は「他のみんなは掻き分けて来ている。この集会に休むなら信用が無くなるし、サークルを辞めてもらうよ、いいね?」と返してきた。

あー、もういいや、こんなサークルに時間費やすの疲れたと思っていた私は「それでいいです」と返信!

数分後、長々と「いや、こんなはずじゃ(ry」なメールだったけど、長ったらしくて読むの面倒だったし、向こうが集会に休むなら辞めてもらうといったから私は辞めますと送ったので無視。

部長のLINEとメアドは即効ブロック!同期のメアド、サークルのメーリスもブロックした。近々メアドとLINEは変更するつもり。

本来ならこのような辞め方(時期も)は正式ではないのは分かっている。だが、相手が行ったのだから仕方ない。というか、向こうは自分が何を言ったのか分かってるのかな?

翌日にメールあったけどもう知らない。

 

自分に非が無いと思ってるんだろうなぁ…

 

追伸

誰からか分からないがバレンタインのチョコがあったらしいけど、貰えなかったのは残念。ごめんね。

先輩、お手紙に3月の発表を経て成長した夏希に会うのを楽しみにしてるって書いてくださっていたのに約束を果たせなくてごめんなさい。新歓のときから先輩は憧れでした!