読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明けは水色と黄色のグラデーション

普通の大学生が文房具など思ったことを書いています。

もうあの頃の自分に戻れない

サークル帰りの電車で親子連れを見かけた。3歳くらいの小さな女の子は造花の髪飾りを付けていた。
純粋な彼女を見て、ふと私は幸せだったあの頃の自分を思い出してしまった。

あの頃、父はまだ仕事があった、母は普通の専業主婦だった(今もそうだがw)。
ピアノの発表会には手作りのラベンダー色のお姫様のようなドレスも着ていた。
まだ何も知らない私はただ、今を生きていた…

今はどうなの?って聞かれるよね。
今…汚れても、今も、ただひたすら今を生きている。


とうとう試験期間に突入\(^o^)/
イギリス文化の試験で特撮について論じてしまった( ゚д゚)
次世代に引継ぎたい日本の文化は何か、という問題だったし。
特撮は日本の文化だもの!!