読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明けは水色と黄色のグラデーション

普通の大学生が文房具など思ったことを書いています。

不満ゼロで万年筆を店舗で購入したい

こんにちは、もうすぐ社会人になるぴーすけです!

Twitterでも不満込みで文具関連つぶやいてます。が、複合アカウントということもあり少ししか情報を得られませんね。そもそも無言フォローをブロックする人はTwitter向いてな(ry)

 前記事オンシジュームで別の万年筆も購入したことをポロっと書きました。これ、結構不満があったんです!まあ、ブラックな内容ですからブラウザバックするなり単なるボヤキだと思って見守ってください。

 

 取り寄せ~受け取り

数週間前まではショーケースに並んでたはずのペンが銀座店のフェアで全て消えてる!!

フェアが終わるまで取り寄せは無理らしく、仕方なく待つことになった。

 

2週間後、受け取りに行ったものの凄く後味の悪い結果になりました。

  1. 商品確認はするが、試し書きをさせる余裕なく会計に移る
  2. 接客しながら店員同士で談笑する(後に2人ともパ〇ロットの従業員だと判明)
  3. 箱を間違える
  4. 保証書を無理やり箱に押し込み、保証書は曲がる
  5. 暗いトーンで「ありがとうございました」

 うん、全て無言ではなく言うべきだったなと今更思う天邪鬼な私。後で問い合わせたら店員ではなくパ〇ロットから派遣されてきた人だと判明。

メーカーの人間がこんな中途半端な対応するなんて笑えない…

P社さん、保証書の字もミミズみたいにひどかったし社員教育に自社のペン習字講座やらせたらいかがでしょーか?

 

複雑な思いだけが残りました。

 

ネットだけでなく店舗で購入するのは気を付ける

もちろん、他店舗では付属品入れ忘れに遭遇したことはあります。対応が今回みたいに雑ではなかったため、穏やかに購入はできているのです。

今までの経験で、こういう趣味のモノはある程度の知識を持たないと気持ちよく購入できないと何度も思い知らさせられます。

 

グランセ2012年限定 オンシジューム

大学卒業記念に念願の万年筆(グランセ2012年限定オンシジューム)を購入しました。

f:id:yuhizu12maca07warit:20170325005711j:image

もともと黄色好きというのもありますが、この万年筆はあるブログをきっかけに知り2年前から喉から手が出るほど欲していました。

ですが、難点がいくつかありました。

  • 2012年の限定であること
  • 近年のブームで色軸が売れてること
  • 筆者が住んでる横浜駅周辺は気持ち良く万年筆を購入できる店舗が少なく、品揃えも期待できない

 もう上記2つで諦めますよね(^_^;)東京でも見つからず、ネットでも新品は見つからず。

山中やキャップレス海外限定に目星をつけ、オンシジュームの存在は消えてました。

 

 え、いつからいたの?

先日、伊東屋で取寄せたペンを購入した後、毎月通ってる地下街の万年筆売場で今年限定のグランセを買おうとショーケースを見たところ‥先月は並んでなかった黄色の軸がすんなりといる!お前いつからいたんだ!!と衝撃を受けたよね、店員さんに聞いても前から在庫があったらしく。

f:id:yuhizu12maca07warit:20170325011449j:image

↑『趣味文』の歴代グランセのページを広げてもらい確認する筆者の図

 

灯台下暗しとはこのことだな、と実感。物が出てなくても店員さんに聞こうと思いました。

トラベラーズノートの限定とか意外とあったり、発売日直後はなくても何ヶ月か経ってから限定がポーンと来る地域だったりする)

細字を選び、ガリガリだったペン先は変えてもらいました。特典でパイロット万年筆お手入れキットも貰いました。接客対応など、このような地元の店での売ろうという気の使い方が筆者は好きです。

f:id:yuhizu12maca07warit:20170325012357j:image

オンシジュームと譲って頂いた2011年の藤

f:id:yuhizu12maca07warit:20170325103953j:image

↑少しペン先比較。左はオンシジューム・細字、右は藤・中字。

 

 

 

 

 

DELTA Dolcevita fedelico (ドルチェビータフェデリコ イグルー)

新年、あけましておめでとうございます!

といいつつ、昨年書くはずだった記事を投稿します(^_^)

 

某フリマアプリで万年筆ないかな〜と徘徊するのが昨年の趣味でした。

この手のアプリには、お祝いに複合筆記具や万年筆を貰っても使わない・使い方を知らないから断捨離で売る人が多いです。(万年筆・筆記具を贈る際には本人に確認したほうがいいです。)

写真のみで字幅や細かい説明もなく出品されるのもあり、購入には覚悟が必要‥まあ、閉店した文具店の在庫やマニアの方で限定万年筆を出品されることもありますが‥

運次第です(笑)!

 私はデッドストックで新品キャップレスとステラを約半額で買えました。

 

これでフリマアプリの話は置いといて、本題の忘年筆!

ドルチェビータを購入しました!

金ペン、フュージョンニブでもなく、試しにイタリアで販売されてるスチールニブをフリマアプリで値切り交渉の末ポチりました。

正直、本物かどうか不安でした(´Д` )

しかし、youtubeで紹介されてたこと、ebayでも出品されてたことを確認して踏み切りました。

では、初心者ですがペンの紹介を。

 

ドルチェビータフェデリコ(イグルー)

      • 付属品のコンバータで擬似ピストンフィラーが可能。写真のように回せば後ろが取れます。

f:id:yuhizu12maca07warit:20170115103059j:image

 

フェデリコはドルチェビータとはキャップ金属の彫りが異なり、浅いです。ちなみに、イグルーとはイヌイットのスノーハウスです。

他にも青系のアラビアンナイトやアラビアンデイ、黄土色のサターンといった種類がフェデリコにはあります。

f:id:yuhizu12maca07warit:20170115111142j:image

私が購入した個体はインクを選ぶため、現在はペリカンロイヤルブルーを入れて使用しています。

ですが、何本も持つと毎日使う頻度が減るので考えなければいけませんね(^_^;)

 

以上、忘年筆の紹介でした!

LAMYアルスター【2016年限定 チャージグリーン・EF】

初めて自分で買った万年筆がLAMYの黄色サファリ。舶来万年筆の特徴すら知らない当時はF(細字)を色彩雫の天色と同時購入。

なんかこれじゃない感。
(ほぼ日のマス目には太っ!書く度に軸が回る〜!!)
そして黄色の彼はペンケースの肥やしになっています|ω-`*)シュン
どうしてまた買うことになったかというと、2年前にLAMYのアウトレット店で限定サファリグリーン(細字)が割引販売されてたのに購入しなかった後悔を引きずっているから!!どストライクだった色。ブルーの色味がないグリーン系が出たら買おう、とずっと思ってました。

f:id:yuhizu12maca07warit:20160528001902j:image
待ちに待った今年の限定!サファリは普段とは異なるブラッククリップにすりガラス風な手触りの本体のダークライラック、アルスターは数年前の限定グランセの緑濃くした(?)チャージグリーン。
キャベツさん(カスタム74・2014年K.ITOYA限定)と比較するとザ・金属軸。今回は毎日使う想定でストーリアのバルーンを入れました。ペン先が乾燥しやすい嵌合式に顔料はあまりやってはいけないですが、卒論メモ用に気分転換かつ保存できる明るいインクということで(⌒-⌒; )
f:id:yuhizu12maca07warit:20160528002642j:image
あ、訂正→エラボーSFだ(;゜0゜)舶来らしくEFでも国産Fより太いです。
アルスターチャージグリーンは人気があるらしく、横浜の有隣堂では発売1週間でボールペンは完売、万年筆はこのEFがラスト1本でした。ちょうど巡回されてた営業マンと店員さんに限定インクも残り2本!と勧められつつ蛍光色はスルー(⌒-⌒; )
サファリダークライラックはボールペン・万年筆共に在庫がありました。

限定モノは思い立ったら購入、を今回改めて実感。






やっぱりiPhone

初めてのスマホiPhone4Sを使った後、2年間アンドロイドでした。
が、使いにくさが半端なかった!!
はてブロに投稿しようにもカメラの画質が悪い!カメラ不具合で開けないときも。
写真撮る気になれない→出不精
という負の螺旋状態だった。
な〜にが国内メーカーじゃ!と憤りつつ2年間待ちました。その間にメーカーの危機がありました(°_°)

やっとiPhone6Sに変えられて春が来ました。
長い長い冬だった。

やっと会えた幸せの梟

、、、ん?やっと見つけた!!

今年、日本橋丸善で開催された第7回世界の万年筆で販売された限定インク『日本橋梟』。
2015年の『日本橋翠』は土曜日にも残ってたから大丈夫だろうと安心していた。

ですが最近のインク争奪戦が心配になったので
初日の午後に行きましたよ。
完売。
ひとつもないよ!しかも今までのインク復刻して販売してたなんて知らないし!(怒
何も買わずにもう帰りました。
いくら景気の為といえど、外国人が日本の商品を買い漁るのはどうかと思います。パクることは得意なのに、自身の国で考えて生産するという発想はないのでしょうか。

4月下旬に周辺で用事がてら丸善にひょいひょいと行きました。なんか柱の横に趣味文となんかがあるんだけど、、、、、
日本橋梟』
お一人さまひとつ
キャンセル分なのかわかりませんが、2つ並んでいました。
ほいほいと購入しました♪(´ε` )

パイロットの純正ブラウンよりも薄い印象。伊東屋限定の万年筆と合っていて、普通に使える目に優しい色です。f:id:yuhizu12maca07warit:20160430185923j:image

新しい時代のはじまり


f:id:yuhizu12maca07warit:20150611132653j:plain

気付いたらもう6月。
1年の半分が過ぎようとしている。
年々時の流れの速さが増してる気がする…(^-^;

とある事情でしばらく特撮から遠ざかってるし、ミニプラも放置気味(トッキュウジャー、ニンニンジャーは序盤観てたけれど、登場人物に共感できなくて飽きた)

その反動か宝塚という名の沼にずぶずぶとはまりました。
辞めたサークルで仲良くなった友人が元雪組某スターさんのFCに入っていたのがきっかけ。友人がベルばらフェルゼン編でアンドレ様の演技に号泣している間、私は友人そっちのけでオスカル様の演技と美貌に釘付けでした(ごめんよ、友よ…(笑))
それ以来、オスカル様=早霧せいなさんのファンです(フィギュアスケートと同じくあくまでライトなファン)

同時に新しい星組トップスター、北翔海莉さんも気になりました。そのきっかけは彼女のファンブログにあったお茶会レポのおかげです。今はレポ禁でどういう状況か分からないから、いつかみっちゃんのお茶会に参加したいな(^-^)

ところで、フィギュアスケートと宝塚は新しい時代の始まったばかりなのが共通点だと思う。フィギュアは真央選手の復帰とロシアンガールズたちにどのような影響を与えるのか気になるし、宝塚は昨年のトップスター5人のうち4人が退団している。先月はダイヤモンドスターを見送ったのに、今月は新しい青バラのトップスターさんのグッズが売られる。

時の流れは速い(・ω・)